029-828-8241

診療時間
  • 10:00~13:30 / 15:00~20:00
  • 日曜・祝日の診療は19:00まで
  • 土曜・日曜・祝日も診療しております

一般歯科

歯科イメージ

虫歯になったら歯医者にいく。
これは従来の考え方です。
虫歯になる前に予防する!!
というのが歯科において本来あるべき正しい考え方です。
虫歯を防ぐためにどのような予防をするべきか!?

こちらをご覧下さい。

一般歯科

なぜ虫歯はできてしまうのでしょう?

虫歯の原因には、「ミュータンス菌」という細菌が大きく関係しています。
皆さんのお口の中には300~400種類もの菌がいるといわれています。
虫歯菌をつくる主な菌としてミュータンス菌や乳酸桿菌があり、
これらの細菌は口の中に砂糖が入ってくると活発に働いて歯垢・プラークをつくります。歯垢は虫歯の原因となる細菌の塊であり、
歯垢の中で酸が作られることで歯が溶けてしまうのです。

そうならないために予防に取り組みましょう!!

予防歯科

また、虫歯になりやすい原因として、噛み合わせもあげられます。
他にも歯の質、形、唾液の質や量などの遺伝的な要因、歯並び、歯磨き、飲食や間食の回数、時間帯など、様々なことが関係してきます。

虫歯の分類

C0
歯の表面が溶かされ、エナメル質の成分が溶け出した状態です。
色の変化が少なく、虫歯になる最初の段階なのでほとんど気づきません。
C0
治療方法
虫歯にならないためにブラッシング指導をします。
まだ削る段階ではないため、フッ素塗布で歯の再石灰化を促進させ
予防します。
C1
歯の表面のエナメル質が溶かされて黒く変色したり
小さな穴が開いた状態です。
この段階も痛みがなく、気付くのに困難です。
C1
治療方法
虫歯を徹底的に除去し、樹脂で詰めていきます。
C2
エナメル質の内側の象牙質にまで虫歯が進行している状態です。
冷たいものや甘いものがしみて、歯ブラシの刺激でも痛みを感じます。
C2
治療方法
虫歯を徹底的に除去し、型取りをして詰め物や被せ物で補います。
C3
虫歯菌が歯の神経にまで感染しています。
冷たいものや温かいものは痛みを感じ
何もしなくてもズキズキと痛みます。
C3

治療方法
虫歯菌に感染された神経を取ります。これを「根管治療」といいます。

根管治療について

C4
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯になった状態です。
一旦痛みはなくなりますが、歯根に膿が溜まり再び激しく痛みます。
C4
治療方法
多くの場合、抜歯が必要です。
抜歯後は入れ歯・インプラント・ブリッジで歯の機能を補います。

ご自身の歯に勝るものはこの世に存在しません。
既存の歯を残すために、当院では出来る限り削らない、抜かない治療に
こだわっています。

黒くなっているから削りましょう。というのはもう昔の考え方です。
小さな虫歯をいかに削らないで予防していくかという事が今の時代ではとても重要です。

しみる…痛い…虫歯かも…と感じたら虫歯が進行しているかもしれません。
すぐに歯科医院へ受診しましょう!

麻酔

皆さんの歯科治療に対するイメージは「痛い」ですよね?
当院では細部までこだわった麻酔を施すことで、無痛治療の提供を心がけております。

表面麻酔や細い針、体温に近い麻酔液などを使用し、“痛くない麻酔”“痛くない治療”に徹底的にこだわっております。

苦手、不安という方は、遠慮せずお気軽にお声がけください。

麻酔_01
麻酔_02

「痛みのない治療」は、アメリカなど歯科医療先進国では当たり前の事として認識されています。
最新の技術を活用し、当院でも「痛くない歯の治療」を目指しております。

麻酔_03

根管治療

歯科

歯の形状

まず、歯の形態を知っていただきましょう。

歯は、歯茎から出ている歯冠と呼ばれる部分と、歯茎の中で顎の骨に支えられている根の部分でできています。

歯冠はエナメル質でできていて、身体の中で最も硬い組織です。
エナメル質の下にはやわらかい象牙質があり、ここに虫歯が達すると急速に進行すると言われています。

根管とは、根の中にある神経が通っている管のことをいいます。

根管治療とは

このような症状をお持ちの方はいらっしゃいませんか??

  • 神経まで達するくらいの激痛を伴う深く大きな虫歯がある
  • 歯の内部、根の先で炎症を起こしている
  • 歯茎がはれたり、が溜まって白いできものができている
  • ぶつけた、折れたなどの外傷歯がある

上記のような症状や、虫歯がかなり進行して感染が神経にまで達しているような重度の症状の場合、神経を取り除きます。
その後、根管内をキレイに洗浄し薬を緊密に詰めて蓋をすることで、再感染を防ぎます。これが根管治療です。

被せものなどとは違い、患者様自身は確認できない処置なのでイメージしにくい処置ですが、歯を長持ちさせるための最も重要な治療となります。

根管治療は抜歯を避けるための最終手段といわれています。

治療の流れ

根管は非常に細く複雑な形状なので、一般的な虫歯治療よりも高度で正確な技術が必要です。

1
根管内はとても細くて湾曲しており、暗くて良く見えにくいので、器具を使って丁寧に掃除します。

2
根管内部を確認後、特殊な洗浄液を使って根管内を殺菌洗浄します。

3
根管内部に薬剤を詰め、細菌の感染を防ぐため密封します。

4
患部の状態に合わせて歯根部分に土台(コア)を立て、虫歯菌の感染リスクを無くします。

5
金属やセラミックを使った被せ物を製作し、歯の機能を回復させていきます。

歯を抜く前に~自分の歯を大切にしたい貴方へ~

根管から汚染物質をすべて除去しなければ、根の病気の再発を起こします。
そのため、根管治療を成功させるためには、何回か通院していただかなければならなず、患者様自身のご理解とご協力が欠かせないものとなります。

根管治療をされる患者様によくあるケース

神経を取り除く
arrow
痛みがなくなる
arrow
患者様の自己判断で治療をやめてしまう
arrow
根管内に雑菌が入り虫歯がひどくなる
arrow
抜歯

抜歯に至ると、インプラントや入れ歯などの治療が必要になるため、身体的にも経済的にもさらに負担が増えてしまいます。

歯は一度抜くと二度と元には戻りません。最後まで一緒に治療をやり遂げましょう。